So-net無料ブログ作成



Amazonの中古車

ホンダ・センシング [ホンダ]

ホンダは、先進安全運転支援システム「ホンダ・センシング(Honda SENSING)」を、
10月23日に発表した。


年内に販売予定の新型「レジェンド」から導入を開始し、今後順次拡大してゆく。


特性の異なる2種類のセンサー(ミリ波レーダー/単眼カメラ)を採用、

大幅な精度向上により、「歩行者事故低減ステアリング」(世界初)などの

新機能を実現した。


http://www.honda.co.jp/news/2014/4141024.html


≪「ホンダセンシング」の主な機能≫

【衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)】

 ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車、対向車、歩行者を検出。
 
 衝突の恐れがある場合に音と表示で知らせ、さらに接近した場合は
 
 軽いブレーキによる警告。
 
 さらに接近した場合は強いブレーキにより回避操作を支援。


【路外逸脱抑制機能】

 単眼カメラで走行車線を検知。
 
 車両が車線を逸脱しそうな場合にステアリング振動と表示で警告するとともに
 
 車線内へ戻すようにステアリングを制御。
 
 逸脱量が大きいと予測された場合はブレーキ制御により路外逸脱を抑制。
 
 
【歩行者事故低減ステアリング】

 (世界初) ミリ波レーダーと単眼カメラで路側帯の歩行者や白線などを検知。
 
 歩行者側の車線を逸脱し、歩行者との衝突が予測された場合に
 
 音と表示に加えステアリングを回避方向へ制御。


【LKAS(車線維持支援システム)】

 単眼カメラで走行車線を検知。
 
 車両が車線の中央を維持するように高速道路でのステアリング操作を支援。
 
 制御中に車線を逸脱しそうになった場合にはステアリング振動により警告。
 (時速65km以上走行時に作動)


【渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール】

 ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車との車間距離と速度差を検知。
 
 適切な車間距離を保つようにアクセルやブレーキを制御。
 
 作動範囲を停止まで拡大し高速道路における渋滞時などの運転負荷軽減を図る。


【標識認識機能】

 単眼カメラで道路標識を検知。
 
 マルチインフォメーションディスプレイやヘッドアップディスプレイに
 表示することで標識への注意を促す。
 
 
【誤発進抑制機能】

 停車中あるいは極低速走行中に近距離の前走車などをミリ波レーダーで検知。
 
 急加速を抑制するとともに音と表示およびアクセルペダル振動で警告。


【先行車発進お知らせ機能】

 停車時に先行車両の発進をミリ波レーダーが検知。
 
 先行車の発進を音と表示で通知。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


ご新規様1000円値引き!【パワーストーン ココロパルレ】