So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン



Amazonの中古車

インサイト復活 ニューヨークモーターショー [インサイト]

新型インサイトの外観はライトやガラスの色を除けば
1月の北米国際自動車ショーに出展されたコンセプト・モデルと
ほとんど変わらないが、インテリアやパワートレイン、
シャシーのスペックも明らかになった。


アルミ製ボンネットの下には、1.5リッター直列4気筒
アトキンソンサイクル・エンジン、発電用モーター、
走行用モーターが収められている。

新型インサイトは多くの状況下において、
走行は電気モーターの力のみで行い、
ガソリンエンジンは発電用モーターを回して
電気を走行用モーターに供給する。

高速道路などを走行する場合は、ロックアップクラッチが
エンジンとドライブアクスルをつなげる。




車体のサイズから考えると、新型インサイトが
「シビック」のプラットフォームをベースにしていると
聞いても驚きはない。

サスペンションは現行シビックと同じくフロントが
マクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式で、
生産もシビックや「CR-V」と同じインディアナ州の工場で行われる。

ホンダ、2モーター・ハイブリッド搭載の新型「インサイト」を発表!
燃費はトヨタ「プリウス」と同水準。ニューヨーク国際オートショー
https://jp.autoblog.com/2018/03/28/2019-honda-insight-55-mpg/







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ご新規様1000円値引き!【パワーストーン ココロパルレ】